薄毛を改善するために

育毛ケア

生活の見直しをする

男性が薄毛になる主な原因は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンです。テストステロンが多い人ほど身長が高くなり、男らしい体つきになると言われています。しかし、髪の毛に作用しているのはエストロゲンという女性ホルモンなため、男性ホルモンが多いと薄毛になりやすいと言われています。薄毛を改善するには、規則正しい生活をして海藻などミネラルを豊富に含んだ食事をとり、シャンプーの後に育毛剤を使用するのが効果的です。男性用の育毛剤にはテストステロンの分泌を抑えてくれる成分が多く含まれているため、薄毛の治療と予防には効果的です。また、最近では頭皮の血行を良くし、発毛を促してくれる成分が含まれている育毛剤も出てきており、今後こういったタイプの育毛剤は増えると予測されます。

髪の洗いすぎに気をつける

育毛剤を使用する時には、気をつけなくてはならないことが二つあります。まず一つ目は、育毛剤に含まれている成分をチェックすることです。育毛剤の原料には植物性のものが多く使われていますが、中には香料を多く含んだものもあります。頭皮に合わない育毛剤を使用し続けてしまうと、炎症やかぶれを引き起こすだけでなく、フケの原因にもなってしまいます。特に敏感肌の人は、含まれている成分をチェックしたり、万が一合わなくても返金が保証されているものを選ぶようにしましょう。もう一つ気をつけなくてはならないのが、シャンプーの回数です。頭皮を清潔にするために毎日髪を洗ってしまうと、頭皮に必要な油分までも洗い流してしまい、それが薄毛の原因になってしまうことがあります。髪の汚れは、シャワーで洗い流すだけで半分上は落ちると言われています。育毛剤の効果を十分に得るためにも、髪と頭皮を健康に保つことが必要不可欠なのです。